サイズブログ

画「ライラの冒険 〜黄金の羅針盤〜」を観た。


「ライラの冒険 」ってタイトルがいい。
あー、ライラが冒険するんだねー。ってわかりやすい。
主人公は女の子だし、鎧を付けたクマも格好いいし。
管理人はこれだけで観たいと思ってしまったよ。

とはいっても評価は気になる。
観る前に調べたところ、こんな感じの意見がおおかったな。

「事前に勉強していったほうがいい」とか
「展開が早すぎる」とか、
「第一巻をうまくまとめただけでもすごい」とか、
「まだ物語の序章。これからだ」とかね。



観てきた感想はみんなのレビューそのまんま。
おっしゃるとおり。参考になります。


先にパンフを読んでおいたので内容はOKでしたが、
ライラの冒険 の「ダイモン」って、
ジョジョの奇妙な冒険の「スタンド」みたいだなと思ったね。

◎あまり遠くに離れられない、
◎ダイモンが攻撃されると本人も痛い、
◎一人に一体(ダイモンは一匹)など。


それともうひとつ、少々マニアックになるけれど、
ジョジョ連載当時の週間少年ジャンプには
ライラの冒険に登場する、よろいグマ「イオレク・バーニソン」のように
鎧を着けた犬が活躍する漫画があったんだよ。

タイトルは「甲冑の戦士 雅武」!
作者は「銀牙 -流れ星 銀-」を描いてた方。



よろいグマと似てます。
この犬も人間の言葉でしゃべリます。




作者のフィリップ・プルマンさんはジョジョを知ってる?
だけじゃなく、当時の週間少年ジャンプを読んでいた可能性がある!?


な、わけないか。
ないのか?


でも「ライラの冒険 」ってさ
1995年に原作が発表されてるんだよね。

となると
「ジョジョ」や「甲冑の戦士 雅武」の方が古いじゃないかー
どーなんですか!


と、言いだしておいてなんですが、
ほんとに参考にしてたら面白いなぁ〜 ってだけです。日本人としてはね。
この話題はひとまず終わりっ!





はり、この映画は展開がはやい。

頭がよければついていける展開の早さではなく、
ひとつづつのシーンが短いんだよっ!
(物語をサクサクと進めるために)


イギリス本国ではすごい賞も受賞しているし、
子供を含め大人にも人気の作品らしいからね、
第一巻で起こる、必要な要素やストーリーを
映像化してくれただけで満足なんじゃないかな。(とくにイギリスでは)

なんか、原作を読んでないほうが悪いみたいに感じちゃうよ。
「ハリポタ」も「ナルニア」も原作読まずに観てるってのにさー。




そのくらい原作の「ライラの冒険 」が獲得してる賞はすごい。

第1作『黄金の羅針盤』はカーネギー賞。

第2作 はとくに無しで、、、

第3作 はウィットブレッド賞の児童文学部門賞と大賞のW受賞。
児童文学作品が大賞を受賞するのは初!!!


さらにさらに、2007年にカーネギー賞の70周年記念として、
過去受賞作の中の最高傑作を選ぶオンライン投票でも第1位となりまして、

「カーネギー・オブ・カーネギー賞」 を受賞!!!
(過去70年間で最も重要な児童書No.1)



過去70年間でNo.1とは恐れ入る。
長いものには巻かれたくない管理人でも
本気で「ライラの冒険 」は原作を購入するか検討中だ。

なんだかんだ言っても興味がでてきてしまったよ。

でも、アマゾンで調べたら大人向けのは思ってたより高い。
¥ 2,520 (税込)だって。
なんでこんなに高いのか。


どーするオレ?!






読んだら売るか?
そうしよー。