T4 phageの模式図



イルスの代表として
T4ファージをご紹介。

T4ファージはウイルスとしては複雑な構造をしていて、
その形状はまるで無人探査機のようなやつ。



大きさは 200 nm(ナノメートル)。


大きさは、大腸菌(宿主)がラグビーボールだとすると、
T4ファージはピンポン玉くらい。(約1/10)
小さすぎて光学顕微鏡じゃ見えないけど
これでもウイルスとしては大きい方なんです。

✳︎ウイルスは1930年代に電子顕微鏡が開発されてようやく見えるようになった。
✳︎小さいものでは数十nmから、大きいものでは数百nmのものまで存在している。


ちなみに、1 nm(ナノメートル) = 0.001 μm(マイクロメートル)で、
1μm(マイクロメートル) = 0.001 mm(ミリメートル) です。







て、T4ファージに驚いたというより、
ウイルスそのものについて驚いたことを書いておこう。


以下↓


■ウイルスは栄養を摂取することがない。

■ウイルスは一切の代謝を行わない。

■同じ種類のウイルスは全く同じ形・大きさをしている。
✳︎だから結晶化できる。

■ウイルスは自己複製能力をもつ。
✳︎細胞に寄生することによってのみ複製できる。




あんた何者???




晶化できるなんてのは物質の特徴。

全く同じ形・大きさなんてのもロボットとか工業製品のようだ。
しかも代謝を一切行わないってねー。
呼吸もしないし、排泄すらしないんだよーーー!

唯一、生物らしいところが自己複製能力をもつというところだけど、
これだって単体だと何もできないオブジェ状態。

しかも細胞に寄生するといっても、
ウイルスがフリーパス許可証をもっているような感じで、
ウイルス自身が何かをするというより、
寄生される側が 招き入れてしまうシステムらしい。


ウイルスは生きているのか!?
ウイルスはロボットなのか!?



その答えがこの本に書いてあった。
→ 生物と無生物のあいだ (著者:福岡 伸一)







結局のところ、、、





ウイルスは
生物と無生物の
あいだにいる存在。




いまだに




  
アクセスランキング