界一大きなピラミッドはクフ王のピラミッド。
ギザの大ピラミッドと呼ばれているものです。

この地で、しょこたんに「ギザすげー!」と叫んでもらいたい(笑)


なんでピラミッドの話かというと、
昨日、テレビでピラミッドのことを放送してたから。
コロッと感化される管理人です。



一番でかいということは知っていたけど、
内部の構造が想像以上にすごくて、あらためて興味がわいたね。


なんといっても

通気孔と思われていた20センチ角の穴が通気孔でなく、
複雑に進路を変えて何十メートルにわたって続いていることに驚いた。
あとから穴をあけたわけではなく、はじめから計算されてつくってあるとは、、、
当時の建築技術の高さにおそれいりました。


そして

この穴の道はなんと途中で蓋がしてありました。
先に何かあるに違いないといわんばかりのあやしさ、、、



昨日のテレビでは、
専用のマシンを遠隔操作して穴の中を進ませ、

石の蓋にドリルで穴を開けたっ!



しかし

その先はわずかな空間で、その先にまた蓋がしてあるっ!

と、ここまでの放送でした。
その先は!?とワクワクする展開☆




さすが、ピラミッド建築の頂点といわれるだけのことはあるね。
さすが、管理人にネタにされるだけのことはあるね。

世界最大のピラミッドというだけじゃなく、
内部の秘密も最高にわかりづらいでしょー?

ってな感じがすごくいい。



ころで、昨日のテレビは
ピラミッドのサイズについてもきちんと表示してくれてました。
まるで、ここテストにでるよー!
といわんばかりのわかりやすさに感謝感激っ

て、ことで以下、サイズetc情報です。



クフ王のピラミッドの大きさ

高さ:146.6m (現在の高さ138.8m)
底辺:230.4m
勾配:51度50分
容積:約260万m3
底辺の長さの誤差:20cm
方位の誤差:1分57秒-5分30秒


その他の情報:
平均2.5tの石材を約270万〜280万個積み上げたと計算される。
長さと高さの比は黄金比である。




大きさはわかったよね。


方位の誤差はわかったかな?

「方位の誤差:1分57秒 - 5分30秒」

誤差なのにメートルとか何度じゃなくて「分」???
管理人はなんのことかわからなかったんで調べました。
知ってる人には笑われそうですが。



考え方はこうです。


「1度=60分=3600秒」

表記は1度でも1°でもいいんだろうけれど
ここでは度にしてます。

OK ?



ということで「方位の誤差:1分57秒 - 5分30秒」というのは
角度に直して計算してみると

「方位の誤差:0.0325度 - 約0.0916度」
となります。


東西南北と照らしあわせて
0.1度 以内のズレ!


角度に換算し直して、ようやく理解できた精度の高さ。

クフ王のピラミッドが規模とともに
石積技術も最高水準といわれるわけがわかります。


当時、どうやって
正確な方位を知ったのかも謎だけれど(星かな?)

この精度はすごい。




おかげでクフ王のピラミッドはピラミッドの中でも
特にすげーピラミッドだということがわかりました。



名前がグフっぽいのもまたよし(笑)




↑これはクフ王のヒエログリフ表記




  
アクセスランキング