サイズブログ



1961 年10月30日


北極海の上空でソビエト連邦による
水素爆弾の爆発実験が行われた。




この実験に使用された
水素爆弾「RDS-220」こそが

史上最大の水素爆弾にして、
史上最強の威力を誇る兵器

「 ツァーリ・ボンバ 」
(Tsar Bomba)である。



名前の意味は  爆弾の皇帝



爆発エネルギーは50メガトン(TNT換算50,000キロトン)その爆発は1000キロメートル離れた場所からも確認でき、衝撃波は地球を3周したという。

比較:
広島に投下された原爆「リトルボーイ」の爆発エネルギーは TNT換算15キロトン。
原爆「リトルボーイ」の3300倍の爆発エネルギー。



なお、本来100メガトンの威力を実現する予定であったが、ソビエト連邦領内への放射能汚染が予想されたため、核分裂を抑える構造へと変更が加えられ、50メガトンに抑制されたという経緯がある。






ツァーリ・ボンバ
■名称:ツァーリ・ボンバ(水素爆弾 RDS-220)
■コードネーム:イワン
■全長:8メートル
■直径:2メートル
■重量:27トン
■爆発エネルギー:50メガトン
■設計者:ユーリ・ハリトン他
■設計都市:核開発秘密都市アルザマス16
※現ロシア連邦 ニジニ・ノヴゴロド州
■運搬・投下機:Tu-95
■測定・撮影機:Tu-16V
■投下時間:1961年10月30日午前11時32分
■投下地点:73.85°N 54.50°E
※北極海 現ロシア領ノヴァヤゼムリャ上空
■投下高度:10,500メートル
■爆発高度:4,000メートル(海抜4,200メートル)
■一次放射線の致死域(500rem):半径6.6キロメートル
■爆風による人員殺傷範囲:23キロメートル
■致命的な火傷を負う熱線の効果範囲:58キロメートル


動画




爆弾の威力を比較したイラスト
ツァーリボンバ
ツァーリボンバ
広島原爆は拡大しないとわからないほど小さい





火球サイズ比較






ァーリ・ボンバは、人類史上、最大最強の威力を誇ったが、その重量と大きさゆえ運搬が非常に困難であり、非実用的兵器であった。


核開発がすすみ、多数の小型核爆弾によって地域一帯を覆い尽くすという考えが主流となった現在、、、 ツァーリ・ボンバを超える、強大な爆発エネルギーをもつ単一兵器は、今後出現しないものと思われる。


そう思われている —




以上

最強の兵器のお話でした。