サイズブログ


っさり発表されたね。


↓以下、任天堂の発表をコピペ
任天堂は、これまでの画面サイズよりも9割も大きく、周囲の人もみやすいニンテンドーDSiを発売する。画面と本体を大きくしたLLサイズのニンテンドーDSiである「ニンテンドーDSi LL」は、表示される文字などが大きくなるだけでなく、画面の視野角も向上し、周囲の人たちも見やすい設計となっている。4.2インチ×2画面の「ニンテンドーDSi LL」画面をサイズアップしたのに加えて、専用タッチペンだけでなく、通常使われるペンに近い長さ(129.3ミリ)のタッチペンも附属。本体はダークブラウン、ワインレッド、ナチュラルホワイトの3色を展開。「ニンテンドーDSi LL」は、11月21日にメーカー希望小売価格20,000円で発売となる。



■DSi LLとDSiのサイズ比較

DSi LL
DSi_LL4.2
■本体サイズ:ヨコ161.0mm×タテ91.4m×厚さ21.2mm
■液晶サイズ:4.2インチ(型)
■重 さ  :314g(バッテリー、タッチペン含む)



DSi
DSi3.25
■本体サイズ:ヨコ137.0mm×タテ74.9m×厚さ18.9mm
■液晶サイズ:3.25インチ(型)
■重 さ  :218g(バッテリー、タッチペン含む)





4インチじゃなく4.2インチということで
さすがに本体もDSiより、ひと回り、ふた回り大きくなっての登場。

その名は「DSi LL」!!

でもウワサどおり、年配者向けのDSってことみたい。

絵本のソフトもあるから幼児向けの需要もあるだろうし
画面が大きくなることで購買層が広がるのは確実だろう。


でも、ここまでデザイン変えずにデカくなるとは、、、

でかいプリンみたいな発想☆


きっと、でかくなったDSなんてカッコ悪いとか思ってたけど、
こうやって見比べてみると案外受け入れられるサイズ。


買うのはスルーだけど
「DSi LL」アリです♪





人気ブログランキングへ