サイズブログ



ファンタスティック・フォー[銀河の危機]を観てきました。


映画賞をとるような作品ではないけれど
単純に楽しめるのがいい。

前作も映画館で観たんだけど今回のもグッド!

トランスフォーマーもそれなりに良かったなと
自分の中で評価していたけど、比べてみると


ファンタスティック・フォーのほうが、、、

キャラクターに華がある!
夢がある!
ストーリーがいい!




華があるっても、ジェシカ・アルバのことじゃない。
確かに彼女はかわいい。
そりゃ管理人も好きさ。
ダークエンジェルもみてたさ。




しかーし



それ以上に
登場するキャラクターが魅力的なのが
ファンタスティック・フォーの持ち味。

今回、主役級の活躍をした「シルバーサーファー」もクール!

ちなみに前売りで券を買ったからね。
特典のキューブリック製シルバーサーファーも持ってます☆


この前売り券を買ったときに観た映画が
あの駄作、、、 その映画の感想はコチラ








そして本題ですが

プロジェクターボールペン の話




↑これが、映画館で購入したグッズ。

ファンタスティック・フォー[銀河の危機]の
プロジェクターボールペン!!![お値段900円なり]




ファンタスティック・フォー[銀河の危機]
プロジェクターボールペンのサイズ


■長さ:143ミリ(使用時:+3ミリ)
■重さ:25グラム(電池含む)
■レンズ部直径:12ミリ
■素材:メタル製
■電池:ボタン電池4個使用
■投影画像:
ヒューマントーチとシルバーサーファーのバトルシーン






いままで
プロジェクターボールペンってものを知らなかった。

今回の映画館ではじめて知ったよ。

ボールペンにライトが付いてて
白い壁なんかにピカッ と照らすと画像が投射されます。
(ポジフィルムをライトで照らす構造なハズ。たぶん、、、。)


これが意外に良く映る!

良く映るといっても、
暗いとこだとキレイに写るということです。



実際の話、
映画館でたあとにね、早速のとこ使ってみたときは
明るい場所だったんで映像がうすくていまいちな印象、、、


やっぱ明るいとこじゃ無理。
部屋を真っ暗にして楽しむものみたい。

つか、そうだろうよ。





パンフからご紹介




部屋で映してみた。



実際に見るとかなりイイ感じなんだな。
期待してなかったからというのもあるけどねー

ちょうど1メートル離れたとこからだと
直径40センチくらいの映像が投射される。


なぜ、この場面にしたかは疑問。

それこそ、こーゆーものは
ジェシカ・アルバのバージョンも用意すればいいのにね。
ま、1本ってなると、シルバーサーファーははずせないか。



なんにせよ、これからはプロジェクターボールペンがくるね。


観た映画のポスター買って
部屋に貼るのはちょっと、という人もいるでしょ。

観た映画のクリアファイル買って
会社で使うのは勇気いるなぁ って人もいるでしょ。


そんな人でも、プロジェクターボールペンなら大丈夫。
みためはスマートだけれど、もってる満足度は高い。




いやー
やっぱり
プロジェクターボールペンっていいものですね。


さいなら × 3





人気ブログランキングへ