公 
園を散歩中にみつけた
ちょいと変わった木の実をご紹介。




↓これです

ころころっとした丸い実。振るとカラカラ音がします


 
硬いし半透明だし、レジン(樹脂)でできているかのよう。これが自然界のものなのか!?と衝撃をうけた


 

大きさは約2センチ







光にかざすと中がうっすら透けてみえます。飴色できれい





 下からライトを当てるとさらにアート作品っぽい






エミール・ガレのガラス作品っぽい雰囲気すらある







て、この実の正体は何なのかというと、、、


検索、検索っ とするまでもなく


ありがたいことに説明看板があったので
すぐにわかりました



じゃんっ 
 



正体は ムクロジの実


っても はじめて聞いたという人が大半かも知れませんが 笑


ム ク ロ ジ ? 
管理人も初耳でした






板の説明によると、ムクロジの果皮は泡立ち、日本では明治時代までは洗剤として使っていて、また、種子は羽根突きの球として利用されていたようです。

ムクロジにはサポニンという成分が多く含まれていて、このサポニンは石鹸のような界面活性作用をもつ。







見た目と違い、アートではなく
実用的に使われている模様

殻(果皮)を割ると中には丸くて黒い種子の姿がみえます。この殻が女性の指力じゃ割れないくらいにえらい硬い


 
種子には産毛のようなものが付いています
こすってみたら産毛はすぐに取れました
 
産毛が取れると黒くてツルツル
殻も硬いけど種子はさらに倍の倍の倍は硬くてカッチカチ!

 
↑羽の先端がムクロジの種子


なるほど、羽根突きの球に使っていたというのがよくわかる。丸くて硬いので数珠として使われることもあるとのことです。







かし、よく行く公園なのに数年間も気づかず、今年ようやくその存在に気づけた☆

これは幸先がいい(に違いない)


それに調べたところ
ムクロジは漢字で「無患子」と書くんだよね。

子供がわずらわない(病気にならない)
という意味なのでパパ的になおのことよし



今年は健康第一
ムクロジで行こうっ







近所の公園で地面を歩いている蝉(セミ)の幼虫と出会ったぁ
エイリアンを捕まえてみた。
オフィスにはサボテンじゃなくエアプランツを飾ろう☆



  
アクセスランキング