サイズブログ 〜サイズの話とか関係ない話とか〜
profile
サイズブログの管理
管理人:くいん
元一流Mii職人。最近はLEGOで遊んでいます。

レメディで自然治癒?裸の王様「ホメオパシー」





メオパシーって知ってる?


代替医療の一種なんだけど
管理人はその名前を聞いたことがあった。

考えてみると2〜3年前にカノジョが言ってたのさ。
ホメオパシーの話をね。

当時は「カラダに害のないクスリ」っていう認識だったな。



ところで管理人のカノジョは、不妊治療のために何年も定期的に病院に通ってます。でもあまり効果がでていないらしく、それで病院の治療とは別にその、ホメオパシーを試そうとなったわけ。(数年、試すかどうか迷っていたらしい)




初めは管理人もホメオパシーのことをよく理解してないから、害がない治療なら試してみれば? とか言っていたんだけど、ホメオパシーのパンフレットを読んだり、Wikiで調べたり、
カノジョからの説明を聞いて驚いた。

■参考
ホメオパシーFAQ
ホメオパシー(Wikipedia)
ホメオパシー(Skeptic's Wiki)


知れば知るほど

インチキじゃないか ホメオパシー!


ホメオパシーに使用される薬のことをレメディと言います。レメディは直径3ミリくらいの丸い砂糖粒。レメディの中には植物や鉱物などのエッセンスを何倍にも希釈し振動を与えたものが入っているとのこと。

中には死んだ動物の汁や水銀、ベルリンの壁なんてものを使ったレメディもあるぜ。


オカルトか、、、


でもレメディは無害だという。

それはなぜかというと、、、すっごい希釈して薄めてしまうから。何倍に薄めるのかというとこれが笑うくらいすごい。

なんと100倍に薄めたものをさらに30回繰りかえした薄さ。

薄めれば薄めるほど効果があるらしく(←この時点で意味不明)ここまで希釈すると元の成分というか分子は残っていないそうだ。 オイオイ学校のプールに一滴くらいのレベル? もっと薄いのか?成分が残っていないというのにも関わらずそれでも成分のエネルギー(波動と呼んでいる)は残っているというトンデモな考え方。


どう? もうどっかの宗教でしょ。


何の成分も残っていないから無害(笑)


そりゃそうだ、そうなるとただの砂糖粒だもんね。だったら飲んでも飲まなくても一緒だよ。
いい成分のエネルギーだけ残るという根拠なんてなし!もちろん、科学的裏付けもありゃしません。

というか、科学的に「無作為二重盲検法」という方法によりホメオパシーに効果はないということが確かめられています(合掌)
*無作為二重盲検法についてはコチラをお読みください



レメディ
10円玉とレメディとの大きさ比較

↑注目! これはカノジョが処方されたレメディを撮影したもの。

何種類もの違う名前のレメディを処方されていますが、見た目も同じ。レメディ自体に記号もない。混ぜたら区別つきません。こりゃ、じつはみんな同じ砂糖粒というカラクリだろうよ。製造コストも1種類なら安く済むしね。




まぁ、いろいろ調べてみたところホメオパシーってのはよく言っても偽薬と同じってことです。


偽薬にプラシーボ効果があることは知ってるよね。プラシーボ効果というのは、痛がってる人に痛み止めといって普通の水を飲ませると何割かの人は痛みが弱まるという精神的効果のこと。

でも、ホメオパシーは偽薬だと説明していないことがまず問題。しかもホメオパシーは現代医学を否定してるし、、、例えばインフルエンザにかかっても注射はNGなんだってさ。
ホメオパシーが効かなかった場合の言い訳のひとつに、ホメオパシー以外の治療法を試しているからなんていうんだからタチが悪い。


よく、ホメオパシーは赤ちゃんにも動物にも効果があるからプラシーボ効果じゃないなんて言われますが、、、それは自然治癒☆ 好転反応なんて言われてるのも自然治癒の過程です。

クスリ飲まなきゃ治らないという考えに固執してるとダメだよ。昔なんて病気になったら寝て治してたんだし。だって、普通の風邪ならクスリ飲まなくても一週間で治るでしょ。

そもそも、赤ちゃんにも動物にも効果があるという話はホメオパシー側が言ってるだけで科学的データなんてありゃしません。第三者の立ち会いの元、ホメオパシー側が検証してくれたらいいんだけどね。まぁ、それやったら自分の首を絞めることになるから、絶対やらないでしょう。





言っちゃうと、管理人は元の成分(エッセンス?)を混ぜているのかすらも疑ってますよー。

どーなのよ、製造してる皆さん???それは企業秘密? だよねぇー


だって科学的に砂糖粒を解析しても何の成分も検出できませ〜ん。



つまり、ホメオパシーのいうレメディ(砂糖粒)と何も混ぜていないたんなる砂糖粒は科学的には同じもの。それなのに患者は病気が治ると信じて様々な種類のレメディを処方してもらっているわけ。

ホメオパシーを処方できる資格をもつ人を「ホメオパス」と呼ぶんだけど、考えるとこれも笑える。砂糖粒を、さも薬剤師のように処方してるんだからね。ホメオパスは薬剤師医の資格も必要ないし、医者である必要もない。


しかも薬と称するレメディ自体は安いんだけど、カウンセリングとレメディ代で月に1万円かかるんだとか(カノジョ談)毎回カウンセリングをしてもらわないと処方してもらえないという金捕り手法もよくできてます。



21世紀少年の「ともだち」のセリフで「ぼくだよ、ぼくが、ともだちだよ。」というのがあるけど。




ぼくだよ、ぼくが、ホメオパスだよ。ってな感じ。



少しは疑ってみようよ。

こんな実態なのにホメオパシーで病気を治せると信じている女性は多く、ホメオパスのだしてくれた砂糖粒を飲んでいる(舐めている)という現実。それは病気に対して何の治療もしていないということ。

不妊治療してるつもりでも、じつは何もしてないという恐さに気付いてほしい。何年も経ってから「効いてない?、、、」って気付いても取り返しがつかなくなる場合もあるでしょ?


実際のところホメオパスさんは口の達者な、たんなる砂糖粒を渡してくれる人です。




なぜなんだろう?
どうしてなんだ?


と不思議なことを解明したがる男性なら、こういう非科学系はひっかからないと思うんだけど、女性は、なぜ?よりも他人の体験談を信じやすいから困る。商売してる側にとっては好都合なわけなんだけどさ。


健康食品、ロハス、自然素材、ヨガ、精神世界、、、いまの健康ブームにホメオパシーが
便乗しているってこともあるんだろうね。

カノジョに限って言えば、占い本とかも買うし、月の土地なんてのも本気で自分の土地になると思ってたしなぁ、、、これに手をだす要素はあったわけか、、、


話それたけど、

確かにレメディ自体に害はないんです。

なぜならそれは たんなる砂糖粒だから☆

って、くどい(笑)?






カノジョに聞いてみると、自身も半身半疑なんだよとは言っているけど普通の薬みたいな副作用もないし無害だし、、、、実際に治ったという人もいるし、、、おいおい、それは信じてる以外の何ものでもないぞー

管理人が、ホメオパシーってのはね、、、あーだこーだとインチキ具合を説明したところ、、、


カノジョ
わたしが何かしようとすると
いつも反論するばかりで応援してくれない。



とか言われちまいました、、、 しかも泣いちゃうし。確かに否定から入るのは管理人のクセなんだけども、、、痛い、痛い、、、これにはまいったよ。娘がオウム真理教にのめりこんで出てこないという親の気持ちってこんな感じ? とか思ったね。


応援できないことだってあるさ。
それで泣かれちゃ哀しいぜ。


管理人だって病気を治してもらいたい。
でもインチキ療法を知らん顔できるかっての。

それでも少しは考えた、、、
たとえ偽薬であってもカノジョが精神的に安心できるなら
何も言わずにいたほうがいいのかな?ってね。


ネットでも同じように何も言わずにホメオパシー続けさせてたという旦那さんの話を読んでたからね。その方の奥さんは5年続けたあとホメオパシーの話はしなくなったと書いてあった


ん〜 でも、管理人には知らん顔してるのは無理。その間、何もほかの治療をしないで砂糖粒を信じて続けて、何年も経ったあとに真実に気付くなんてカノジョにとっても不幸だし、コッチが耐えられない。これはケンカになろうとカノジョを傷つけることになろうとハッキリと言ってやったほうがいい。 言ったけど、、、




女性でホメオパシーを試してみたい、あるいはホメオパシーを実践中という女性に言いたい。旦那、もしくはパートナーさんにホメオパシーの説明をしたのに「試してみたら♪」なんて優しく言ってくれたという場合、、、あなたの精神状態はかなり弱いんだと自覚した方がいい。


たんに興味がないって場合もあるけど、、、多くは病気を治したい、何かにすがりたいというあなたに向かって、「これはインチキだよ!」と言うのがツライのさ。それを言ったら、精神的にまいってしまうのが判るから、、、何もすがるものがないというのは可哀想だから、、、



カノジョの寝顔をみながらいろいろ考えた。いつも明るいけど、治したいという気持ちが半身半疑なものにまで手をださせているんだなぁ ってね。そんなこと考えてたら、ホメオパシーに対する怒りもわいてきたし、寝れなくてさ、、、

そして思いたった。
こっそりとベッドから抜けだして、、、


カノジョのレメディを
ひと粒食べてみた。


薬だと思うからいけないのさ。
なんだこんなもん。


うん。甘い。
固さも甘さも小さな小さな
「コンペイトウ」ってな感じ。

やっぱり砂糖粒だ。





〜 チュンチュン♪ 翌日 〜




昨日泣いたからか、管理人が説明したからか、カノジョのホメオパシーに対する考えが少し変わってきたみたい。

カノジョ
わたしも3ヵ月だけ試してみようかなと思ってる、
それで効果がなかったら、やめようかな、、、


うんうん。そういうスタンスなら安心したよ。


この雰囲気で、このタイミングで
言っていいのかわからなかったけど、
夜中に「レメディをひと粒食べた」と言ってみた。


そしたら驚いてたね。


カノジョ
どの種類を食べたの?種類によって
処方された数が違うのにー!?


そう言いながらカノジョ自身、
ハマッてる自分に気付いたみたい。



だから言ってやった。


管理人
ただの砂糖粒だから問題ないって
それにどれも同じ砂糖粒なんだから。
コーヒーがあったら入れて飲もうかと思ってたよ。
」ってね


まぁ、驚くのはわかっていたけれど、これくらいやらないとインチキを信じてる人の心は動かないんじゃないかと思う。ちょっとやりすぎかなとも思うけど、カノジョに対しての結果は良好。客観的にみれば管理人にパクッと食べられちゃうような甘い甘いただの砂糖粒なんです。


カノジョの認識も不思議なエネルギーをもった魔法の砂糖粒から、たんなる砂糖粒だという認識になってくれました(だんだんとね)



いまのところ

う〜ん。確かに月に1万円払うなら
スポーツジムにいこうかなぁ?
なんて言ってます。



それなら賛成♪(笑)





追記:
その後のことを書いておきます。

ホメオパシーのことは3ヶ月経たずに興味が薄れた様子。その後は東城百合子さんの著書「自然療法」に感銘を受け、砂浴したり、食事を玄米食に変えたり、運動もしたほうがいいということで自宅でヨガ(カノジョはランニングとか疲れる運動はキライ)を始めました。

詳細を話すとカノジョは「PCOS」。タイミングを6回行うもやっぱり妊娠できなくて、、、それ以上のことはカラダにも金銭面でもリスクが大きいので病院への通院も2年ほどやめていました。

と こ ろ が、、、
2011年の3月末に
自然妊娠!!!

そして、無事に息子を出産♪アレルギーもなく元気な健康優良児です。カノジョがいうには、食事や運動でカラダが健康的になったことはもちろん、震災による子孫を残さなきゃという精神的な影響や、妊娠する数日前に体験で行った加圧ジム(鈍かったカラダが活性化?)の効果などが総合的に働いたのではないかと分析しています。


↓我が息子
赤ちゃんは1年間でこんなに大きく成長する!






ツイッターへ
ブログランキングへ
トップページへ