んでるだろーなぁとは思っていたけど
やっぱり混んでて、2時間待ちっ!

なんのことかと言うと8月4日にオープンした
池袋のサンシャイン水族館のことです。

サンシャイン水族館
↑なかなかシャレてるロゴマーク


せっかく来たけど、2時間は待てないということで
サンシャイン60の展望台にあっさり予定変更(汗)


でも
そしたらいいことありました♪



60階の展望台に着くまで知らなかったんだけど
いま、サンシャイン60の展望台では
期間限定でカブトムシやクワガタの標本展示や
昆虫の販売もする「天空の昆虫展」を開催中。




これが小さい展示スペースながらも
普段みることのできない世界最大級のヘレクレス・ヘレクレスとか
超特大サイズの標本があり、なにげにすごいコレクションなんだな。


偶然の出会いに感謝しつつ
じっくり観察してきたよ。




ヘラクレスオオカブト
いろいろな種類のヘラクレスオオカブトムシたち。
中央のヘレクレス・ヘラクレスは体長166ミリの超特大型。
※右上は日本のカブトムシ(体長77ミリ)です。

ネットの情報によると、ヘレクレス・ヘラクレス(通称ヘラヘラ)のギネス記録は
野生:178mm/飼育:165.3mmだそうです。

追記:↑このギネス記録というのはギネスブックとは関係なく(汗)
むし社が発行している雑誌「BE-KUWA」の中でのギネスコンテストでの記録です。
名称がまぎらわしいからギネスブック認定かと思っちゃうよね。

たまにBE-KUWAギネスとか、ビークワギネスと記載されてたりもします。
でも野生の178mmは「BE-KUWA」とは違うところの記録みたいです。





ヘラクレスオオカブト
これはアップで撮影したもの。
上でも紹介した中央のヘレクレス・ヘラクレス(体長166ミリ)は
評価額300万円と言われているとのこと(驚)




こりゃ、森の宝石だね。
ムシの世界はデカいことに価値があるわけだ。
探しに行ったり、育てる人がいるのわかるよ。


飛んでこーぃ(笑)




  
アクセスランキング