ぐあーーー

フィルムの種類ってこんなにあったのね。
カメラ好きの管理人でも初耳の名前がチラホラあったよ。


情報不足で多少不安なんですが、
疲れたんでひとまずアップしちゃいます。ふぅ。
あとは楽しみながら時間かけて徐々に精度をあげていこうかな。



管理人の知るところでは銀座のレモン社
生産終了の特殊フィルムをネガ/ポジともに取扱っています。

フィルムカッターやスプール、
ラピッドのカートリッジもあるよー





写真フィルムサイズ表 〈まだ未完成…〉
フィルム名
ミノックス判
画面サイズ
8mm×11mm
フィルム幅
9.5mm
備考
*カラーネガ(ISO100、ISO400)の15枚撮りと30枚撮りが大手カメラ店等で入手可能。(白黒ネガフィルムは現在、入手至難品) かつては36枚撮り、50枚撮りがあった。また、市販の35mmフィルムをカットして空のカートリッジに巻くことにより使用可能。

フィルム名
ディスクフィルム
画面サイズ
8.2×10.6mm
フィルム幅
*直径65mmの円盤状のフィルム(ディスク型カートリッジ) *撮影可能枚数15枚 *1982年にコダックから発売されたが多くのデメリットがあったため、カメラは2〜3年、フィルムは1990年代前半に市場から姿を消した。 *デメリット:110フィルムを使ったカメラよりも画質が悪い/感度が1種類(ISO200)のみ/ 撮影枚数が少ない(15枚)/カメラの内蔵バッテリーがメーカー交換(コダック製のみ)でユーザーには交換できない
備考
*生産終了

フィルム名
16ミリ
画面サイズ
10×14mm
フィルム幅
16mm
備考
*生産終了 *映画用の16mmフィルムなどを、空きカートリッジ・マガジンに詰めることにより使用可能。

フィルム名
ミゼット判
画面サイズ
10×14mm / 14×14mm
フィルム幅
16mm
備考
*生産終了 *120フィルムをカットすることにより使用可能。

フィルム名
110(ワンテン) / ポケットフィルム
画面サイズ
13mm×17mm
フィルム幅
16mm
備考
富士フイルム(ISO100)とコダック(ISO400)の製品が大手カメラ店等で入手可能。

フィルム名
ハーフ判 / シネサイズ
画面サイズ
18×24mm
フィルム幅
35mm
備考
*一般的な35ミリフィルムを使用。撮影枚数は2倍(36枚撮りなら72枚の撮影)

フィルム名
126 / インスタマチック
画面サイズ
24mm×24mm
フィルム幅
35mm
備考
*日本国内流通なし *現在はイタリアのFerrania(フェラニア)社製のフィルムのみ生産されているらしい。

フィルム名

ロボット判
画面サイズ
24mm×24mm
フィルム幅
35mm
備考
*生産終了 *裏紙付きの35mmフィルム

フィルム名

ボルタ判
画面サイズ
24mm×24mm
フィルム幅
35mm
備考
*生産終了 *裏紙付き・片側パーフォレーションの35mmフィルム *12枚撮り

フィルム名
ラピッド
画面サイズ
18mm×24mm / 24mm×24mm / 24mm×36mm
フィルム幅
35mm
備考
*生産終了 *35mmフィルムをダブルパトローネ式にし巻き戻し不要にしたもの *専用パトローネが2つあれば現在でも巻き直して使用可能 *1964年発表 

フィルム名
APSフィルム / IX240
画面サイズ
16.7×30.2mm
フィルム幅
19.5mm
備考
*アドバンスドフォトシステム(Advanced Photo System: APS) *1996年4月に販売開始 *APSはフィルムの名称ではなく新規格の専用フィルム(IX240)を使用した「新写真システム」のことを指す。



フィルム名
35ミリ / 135 / ライカ判
画面サイズ
24mm×36mm
フィルム幅
35mm
備考
***

フィルム名
バンタム判 / 828  
画面サイズ
28mm×40mm
フィルム幅
35mm
備考
*生産終了 *裏紙付き・片側パーフォレーションの35mmフィルム *8枚撮り
 
フィルム名
ベスト判 / 127
画面サイズ
40mm×30mm[ベスト半裁判/ベビー判]16枚撮り
40mm×40mm[4×4判]12枚撮り
40mm×45mm[4×4.5判]
40mm×50mm[4×5判] 
40mm×60mm[4×6判]8枚撮り       
40mm×65mm[ベスト判]
フィルム幅
47mm
備考
*4×4 のカメラ等で使用。 *コダックの「ベスト・ポケット・コダック」通称「ベス単」のヒットにより、ベスト判と呼ばれるようになった。 *クロアチア製のモノクロフィルム(ブランド名:efke)が生産されていましたが会社は2004年に倒産しています。その後、ハンブルク(ドイツ)のHANS O. MAHN社によって生産されている。ブランド名:Maco

フィルム名
アトム判
画面サイズ
45mm×60mm
フィルム幅
不明
備考
*大手札の1/4サイズ

フィルム名
120 / ブローニー
画面サイズ
56mm×41.5mm[6×4.5/ロクヨンゴ/セミ判]
56mm×56mm [6×6/ロクロク] 
56mm×69mm [6×7/ロクナナ]
56mm×76mm [6×8/ロクハチ]
56mm×84mm [6×9/ロクキュウ]
56mm×118mm [6×12]パノラマ写真
56mm×168mm [6×17]パノラマ写真
56mm×224mm [6×24]パノラマ写真
フィルム幅
61.5mm
備考
*大手札の1/4サイズ

フィルム名
220 / ブローニー
備考
*120(ブローニー)フィルムと同等。120フィルムの約2倍の長さで、撮影枚数も2倍。

フィルム名
620 / ブローニー
備考
*生産終了 *120(ブローニー)フィルムと同等だがスプールの軸がより細い *現行の120フィルムを巻きなおして使用可能。

フィルム名
大名刺
画面サイズ
65mm×90mm(2と 1/2×3と 1/2インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
手札 / クォータープレート
画面サイズ
80mm×100mm(3と 1/4×4と 1/4インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
大手札 / 大陸手札判
画面サイズ
90mm×120mm(3と 1/4×4と 1/4インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
4×5(シノゴ) / 二枚掛
画面サイズ
100mm×125mm(4×5インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
キャビネ / ハーフプレート
画面サイズ
120mm×165mm(4と3/4×6と1/2インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
5×7 / 大キャビネ
画面サイズ
130mm×180mm(5×7インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
8切 / フォールプレート
画面サイズ
165mm×215mm(6と1/2×8と1/2インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
8×10(エイトバイテン、バイテン) / 6切
画面サイズ
200mm×250mm(8×11インチ)
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。

フィルム名
11×14(イレブンフォーティーン)
画面サイズ
11×14インチ
備考
*シートフィルム。画面サイズはシートサイズです。実際の画面サイズは会社により若干違います。





  
アクセスランキング