サイズブログ

坂本龍馬(高知県所蔵)



本龍馬の身長は169センチだったらしいという話。
✳︎漢字は竜馬じゃなくて、龍馬が正解。


これは、肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントにして、
解剖学的に身長を推定する手法で計算したらこの数字になったとのこと。


和服の襟幅が当時から6センチか6.5センチの
いずれかであることに着目したらしいよ。


なので
竜馬の身長は169センチだったらしいと言いましたが、
襟幅が6センチだとすると身長156センチ。
襟幅が6.5センチだとすると身長169センチ。
ということになるわけ。


江戸時代の男性の平均身長は160センチ弱だというから、
前者なら、まぁ平均ちゃん、後者なら大きいほうといったところか。

もともと、龍馬は背が高いといわれていて、
180センチくらいという説があったりするので、
後者の169センチのほうが有力説ということなんだろうね。




でも、和服の襟幅で推測ってのも
案外、ざっくりした計りかただよね。

サイズ関連の話題なんで、あまり悪くいいたかないけど、
やってることは 「南 明奈と手の大きさを比べてみよう。」
大差なさそな感じぜよ。

だいたい、洗って和服が縮んだりしてたらどーするよ。
と、ケチつけてみたり、、、