天使のチョコリング


近「天使のチョコリング」
という名のパンを食べた。


プランタン銀座の前で販売していたんだけど
そのネーミングと大きさ、そして商品の売り上げの一部を
世界の恵まれない子供たちのために貢献しているという
フレーズに惹かれて買ったのさ。


とにかく、
ネーミングがうまい。

クリスマス時期だから、余計に響いたね。


しかも大きいのに安いんだ。

直径約18センチ(Mサイズ)が500円
直径約15センチ(Sサイズ)が400円


↑実は大きさ測らずに食べてしまったので
サイズはネットにでてた数値です、、、(汗)


Mサイズを買ったんだけど
もっと大きく感じたけどなぁ、、、(たぶん気のせい)

まぁ、それくらいボリュームのあるパンなのさ。




ところがパンを食べてみると


世界中の恵まれない子供たちのために、、、

という印象とは違うんだな。



パンはデニッシュ生地で
空洞もありつつ、中にはたくさんのチョコチップ。
おまけにクルミも少々。

ほんとチョコの量が多い。



パンをレンジで温めたら
ドロドロ〜としたたるほどのチョコと油。

どう考えても
確実にカロリー高いぞコイツ!!


もちろん、かな〜り甘い。


なんかね


たっぷりのチョコと油にまみれちゃって
これぞ飽食時代の申し子ってな感じ。



どうにも


世界中の恵まれない子供たちのために、、、

というフレーズに違和感を覚えるようなパンなわけ。



甘い菓子パン好きにはたまらないなこりゃ(いやみ♪)




いっそのこと
パンのネーミングを変えてもらいたい。




おデブな天使が似合いそうだから



名付けるなら、、、



「アブラギッシュな天使のチョコリング」(笑)


うん。

イメージにぴったり☆




  
アクセスランキング