近の研究で水面から深海(800m程度)を
行き来していることがわかってきたというマンボウ。
名前が有名なわりに、マンボウの生態にはまだまだ謎が多いみたい。

ま、難しい話は後にして、古いのから新しいのまで
驚くほど巨大なマンボウ画像を集めてみたのでご覧ください☆


どぞー




■体長:3.1m ■上下の幅:4.26m
■体重:2235kg
1908年9月にシドニーの沖合で蒸気船と衝突したところを捕獲




■体長:3.0m ■上下の幅:3.4m
■体重:推定1600kg
1910年にカリフォルニアの沖合で捕獲
『ニューヨーク自然史博物館』に展示されています





■1926年(詳細不明)




■体長:3.0m
■体重:2030kg
1999年7月に日立沖で捕獲
アクアワールド 茨城県大洗水族館』に展示されています






■体長:3.3m(3.25mとの情報もあり)
■体重:推定2500kg
1999年8月9日に日立沖で捕獲
北九州市立 いのちのたび博物館』に展示されています(世界最大のマンボウの剥製





■体長:2.8m ■上下の幅3.2m
■体重:2000kg
南房総千倉沖で捕獲(2002年かな?)



■体長:2.3m
2003年4月11日 高松港で砂利運搬船のいかりに引っ掛かっているところを発見
※画像では恐ろしくデカくみえますが、マンボウは砂利運搬船に載っているわけじゃなく
立っている人の手前に吊られています





■体長:2.8m ■上下の幅3m
■体重:1200kg
2004年11月18日 島根県温泉津町沖で捕獲。境港に水揚げ
鳥取県境港市の『海とくらしの史料館』に展示されています(愛称:チョボリン





■体長:2.65m ■上下の幅:2.9m
■体重:1320kg
2007年11月15日 隠岐海峡で巻網漁船の漁網にかかり、境港に水揚げ




■2008年(詳細不明)




■体長:2.5m
■体重:推定1000kg超
2009年4月6日 熊野灘近海の定置網にかかり、木本漁港に水揚げ






おまけのマンボウ情報

○英名:Ocean sunfish/学名:Mola mola
○最大で全長3.3 m、体重2.3 t にもおよび、世界最大の硬骨魚のひとつ。
○脳の重さは体重の0.03%程度(普通の魚は0.4〜0.5%)
○アジアを中心に食用にされる(とくに日本と台湾)
○動物プランクトン、クラゲ、貝、エビなどを食べる。
○体の上下に突き出している背びれと腹びれを使って泳ぐ。
○1度に3億個の卵を生むが大人になるのはほんのわずか。
○尾びれはなく、体の後側にあるひれは舵びれと呼ばれている。
(尻びれと背びれの一部が変形したもの)
○皮膚は厚く粘液で覆われている。また、多くの寄生虫が付着している。
○水面から深海(800m程度)を行き来していることが最近の研究でわかってきた。
○泳ぐ速さは遅いといわれているが、海流に逆らって泳ぐだけの遊泳力があることがわかってきた。勢いをつけて海面からジャンプすることもある。







最後にやっぱり
言いたくなるよね? いや言いたい。



うっ! マンボウっ♪



マンボウ柄 ネクタイ【COLORATA 生物・動物柄ネクタイ】

世界一の記録(地形編)
世界一の記録(自然現象編)
世界一の記録(哺乳類編)
世界一の記録(爬虫類・両生類編)
世界一の記録(昆虫etc編)
世界一の記録(魚類etc編)
世界一の記録(植物編)
世界一の記録(その他の生物編)
世界一の記録(人編)
世界一の記録(ビルディング編)