サイズブログ


内航空各社の
機内手荷物の大きさが厳格化という話

※2009年12月1日より


理由はこれまで各社で機内持ち込み制限サイズがバラバラで、
空席状況などに応じて柔軟に対応してきたが、機内に
キャリーバッグを持ち込む客が増え、収納に手間取るなどして
出発が遅れるケースが相次いでいるための措置だそうだ。

うん。基準があいまいで時と場合により
はじかれるよりは基準が明確なほうがいいから
これはいいことだと思うぞ。



■新基準

機内持ち込みサイズ

客席が100席以上の機種の場合
3辺の合計が
115センチ以内
(幅55センチ、高さ40センチ、奥行き25センチ以内
重さ10kg以内



客席が100席未満の機種の場合(ボンバルディア機とか...)
3辺の合計が
100センチ以内
(幅45
センチ、高さ35センチ、奥行き20センチ以内
重さ10kg以内




↑こうやって測るならまだ甘そうだけど、、、



↑ゲージを通して測るとなると制限ギリギリのバッグは
パンパンに膨らんでるとアウトになる可能性がある(汗)



ちなみに制限を超える手荷物を機内に持ち込む場合は
重量超過料金を支払う必要があるので要注意!
預けに戻ったり、詰め直してる時間ないときだったらこれは痛い。



飛行機から降りたあと、手荷物受取所で待つのがイヤだとか
大事なモノが入ってるから、、とか理由は色々あると思うけど
収納に手間取って、出発が遅れた〜!なんてのは勘弁してほしいから
キャリーバッグの類いは最初から預けてしまいましょう。
そのほうがスマートだしね。


ちなみに

機内に持ち込まず、預ける場合はさらに余裕があり
3辺の合計が203センチ以内、重さも20kgまでOKです☆