眠るネコ

向け寝より、うつぶせ寝がいい。
とかいう記事をどこかで読んだ。


■うつぶせ寝

○うつぶせ寝だと金縛りにあわない。
○うつぶせ寝だとイビキをしない。(軽減?)
○うつぶせ寝だと背骨に負担がかからない。 などなど


それに欧米人は大半がうつぶせ寝で
日本人は大半が仰向け寝とも書いてあったなぁ。


そういう管理人も仰向け寝♪

だって、うつぶせ寝って首が疲れるよね。
胸も圧迫されてるわけだしさ。


でも、ひょっとしたら「正しいうつぶせ寝」ってのを
管理人が知らないだけかな? と思い検索してみました。


ズバリ「正しいうつぶせ寝」で(笑)





するとトップにでてきたのは大御所。
フランスベット株式会社。


この会社が言うことなら信用できるよね。







では、お待たせしました。







フランスベッド株式会社のホームページに載っていた
正しいうつぶせ寝の方法はコレです☆

じゃーーーっんっ



うつぶせ寝






わおっ 予想外(汗)






ほんとに上の写真が基本姿勢のようなんですが
苦しくならないものなのか?

あっ!よく見ると足のほうにもクッションがある。

って、そんなことより

個人的にはこの姿勢じゃ眠れない気がします。




でもやはり、、、
胸に圧迫感を感じる方や胸式呼吸の方向けに
サポートクッションなるものが存在していました。
フランスベッド うつぶせサポートクッション 低反発 35861010 【26976】



↓これがサポートクッションを使用した場合の寝姿




素人からすると
サポートクッションがあってようやく一安心。

なるほど、うつぶせ寝って、こうやるんだぁ
という感じ





いやー 検索してみてよかったよ。
知らないことたくさんあるなぁ。





■追記:

ネットで「うつぶせ寝」について調べてみると
良いとか、悪いとか、いろいろでてきますが、、、
みなさんの意見をまとめてみるとこんな感じでした。



50代以上の方には有効。
年齢が進むと口の周りの筋肉が弱くなり、舌がのどに落ち込み
気道を塞ぐ場合があるが、うつぶせ寝により防げる。
いびきもなくなり、熟睡しやすくなる。
また、タンが自然にたまりにくくなり、背中が伸びる。

ただし、気道を開くだけなら口の周りの筋肉や舌を鍛えたり
歯科用マウスピースを着用するという選択肢もあります。

マウスピースで快適に眠れるのかは管理人はわかりません、、、



10代〜40代の方は人それぞれ。
睡眠時無呼吸症候群や、いびきで困っている場合には有効。
でも、すでに仰向け寝ですでに良く眠れている人は
わざわざうつぶせ寝に変える必要はなさそうです。
もう頭のカタチにも関係ないしね(笑)

一度ためしてみてラクに気持ちよく眠れたなら
続けるということでいよいと思います。



生後6ヶ月以内の赤ちゃんには危険。
因果関係はいまだ明確に立証されていませんが
SIDS(乳幼児突然死症候群)の原因とも言われています。
6ヶ月以降になると自然と顔を横に向けられるようになるので
心配ないとのこと。(乳児突然死症候群は6ヶ月までの赤ちゃんにみられ4ヶ月が一番多い)
また、柔らかいタオルやヌイグルミなども顔をふさいでしまう原因になるので
顔の近くに置かない方がよい。大人用のベッドも柔らかいので危険。

ただし、赤ちゃんが目を覚ましているときであれば(昼間とか)
うつぶせにすることはバランスのとれた発達を促すためによい。
*親が近くでちゃんと目を離さず見守っていることが重要!! 



生後6ヶ月以降の赤ちゃんには有効。
健康に関係のあることではないので必須ではないけれど
うつぶせ寝で寝かされた赤ちゃんは顔を横に向けるため
顔が左右からつぶされ、左右に顔幅の細い顔(小顔)になるらしい。
ようするに、頭のカタチが欧米人みたくなる。
ただし遺伝子による影響のほうが大きいとも言われている。

なお、赤ちゃんはゲップをしてミルクを吐いたりするため
仰向け寝だと、窒息死する可能性があるので欧米人の文化では
赤ちゃんの命を守るために、うつぶせ寝が普通との情報もあります。

さらにさらに、歯科医の方のブログによると
うつぶせ寝で寝ると、頭のカタチがわるくなり歯並びもよくない
とありましたが、、、 では、みなさん欧米の方々の頭のカタチが悪くて、
歯並びが悪いのかというと、けっしてそうではありませんので
「うつぶせ寝がよくない」とするには検証が足りていません。


そりゃ、赤ちゃんの頃から
右側方向だけに向くクセが付いたままだと
頭のカタチは悪くなるだろうと思うけどね。

やはり親がある程度は注意し
心も頭も正しく補正してあげよう☆




フランスベッド うつぶせサポートクッション 低反発
▶Amazonで詳細をみる
▶楽天で詳細をみる


  
アクセスランキング