近、巨大なモノの紹介が多かったので
今回はマイクロ・ミニチュアアートの巨匠”と呼ばれる
ウィラード・ウィガン氏の精巧な彫刻作品をご紹介。

一見すると普通の彫刻作品のように見えますが
これらの作品が置かれている場所は



針の穴やピンの頭。




ウィラード・ウィガン氏はイギリス・バーミンガム出身で1957年生まれ。
手術用のメスで超ミニチュア彫刻を創造する、失読症のアーティスト。
5歳から始めたという彫刻制作は次第にエスカレートしていき
サイズにこだわって制作を続けるうち、ついに顕微鏡を使った彫刻制作。
現在のマイクロアートへと辿りついたそうです。



手元に針があったら(無いか、、、)針穴を見てほしい。
普通、ココに作品を置こう!とか思わないって、、、


ラクダの群れ



上の画像を拡大したもの



一つの作品を仕上げるのに数ヶ月を費やすこともあるそうだ

また、手元が狂わないように心臓の鼓動「ドクン[削るっ]ドクン」という
鼓動の震えがおさまるタイミングで削るというからまさに神業


ロダンの考える人
✳︎鉛筆の芯を彫ったものを釘の頭にのせています(驚)




ハリーポッター     針ポタw




月面着陸っ




針穴のピエタ




ティンカーベルかな?




精巧すぎる帆船




最後の晩餐




マイクロ・スターウォーズ




オズの魔法使い




マッチの頭との比較するとこんな感じ




自由の女神
針穴の中にいるとは思えません






これは展覧会で実際の作品を鑑賞しているときの様子。
肉眼だと小さすぎてよく見えないので顕微鏡が必要になります(汗)




  
アクセスランキング