サイズブログ


まから1年程前、、、

浦沢直樹が鉄腕アトムをリメイクした漫画、
『PLUTO』を読んでみたいなーと思ったんだ。

どんな感じにリメイクしてるんだろうってね。



でも、よく考えてみると
鉄腕アトムのことを知ってるようで
実はそれほど良く知らない、、、

元を知らないんじゃ話にならんがなっしゅ(汗)


ならば、
まずは原作をしっかり読んでおこうじゃないかと、
昔の単行本全巻をオークションで購入!

ワクワクしながら読み出したね。






と、ところが、、、


読んでみると
この原作が思いのほか面白くない、、、


現代の面白い漫画になれてしまったせいだと思うけど、
なんともストーリーがいまいち。それに暗い。
ある意味、こんなだったんだということを知れたのが収穫なのか、、、



結局、いまだに全巻読み終わらず、
途中で放置してしまっている次第。

おかげで『PLUTO』もまだ読んでない。



っても、
フルCGによる映画化の話もあることだし、
そろそろ手をつけてみるかなぁ。

どーするよ





鉄腕アトム(Mighty Atom)
米題:Astro Boy(アストロ・ボーイ)

名 前:     アトム(当初はトビオと呼ばれていた)
誕生日:     2003年4月7日(原作の公式設定)
身 長:     135センチ
体 重:     30キログラム
製作者:     天馬博士(天馬午太郎)
育ての親:    お茶の水博士
電子頭脳:    記憶容量(CPU)15兆8千億ビット(約1844ギガバイト)
エネルギー源:  原子力(後に核融合)
能 力:     7つの力


■7つの力
その1.  最大マッハ5で空を飛ぶ(マッハ20の記述も有り)
その2.  60ヵ国語を話せる
その3.  人間の善悪を判断できる
その4.  聴力が1000倍になる(10万倍の記述も有り)
その5.  眼がサーチライトになる
その6.  お尻からマシンガンを発射する
     ※指先からレーザーブラストや左腕がアームキャノンに変型するバージョンも有り
その7.  10万馬力(原作では後に天馬博士により100万馬力に強化)
     ※先にお茶の水博士が強化を試みたが失敗した
 


 






【地域限定】初回購入2,000円OFF
2017年11月27日まで