日あれだけ、ぜんぜん勝てない!操作性がいまいち!など
ボロクソ言っていた、EA SPORTS グランドスラムテニスの話なんですが、


昨日の夜中に操作のコツがつかめてきまして、、、♪♪♪



あれよあれよというまにウィンブルドンの決勝に進出!
決勝の相手はサンプラスだ!(にやけた顔がキライなんだけど、、、)



完全にコチラが格下です。
負けてばかりだったからブロンズアビリティひとつしかないぜ。
※アビリティとはキャラの運動性能を強化するものです



それがなんと、サンプラスに3-0でストレート勝ち!
画面はくやしがるサンプラスの図。
※管理人の名前は「くいん」なので、Qinにしました。



勝利の雄叫びポーズ



優勝トロフィー!
こりゃホントうれしー



夢じゃない。ウィンブルドンで優勝でーす!!








勝したから、
霧が晴れたように気分がいいけど
冷静に感想を書いてみよう。


3日経ってわかったことは
やはり、Wiiスポーツのテニスと比べると
このソフトはゲーム要素が強いということだ。

Wiiスポーツは腕を振るだけだったから、シンプルな内容ではあったけど、
じつは、、、片方の腕を振るだけというほうが実際のテニス感覚に近かった。
考えてみりゃそりゃそうだ。(腕のバーチャル感があった)


では、このグランドスラムテニスの場合はどうかというと、
ギャラリーの歓声、解説者の声、リアルな画像、、、
有名選手のクセも再現などなど目や耳でバーチャル感を味わえるけど、、、

そのかわり、
●ロブを打つ場合は打ちながらAボタンを押す。
●ドロップショットなら打ちながらBボタンを押す。
●マニュアルモードではヌンチャク操作で選手を移動などなど、、、

右手のラケット操作に集中しながら、
常に左手の操作にも集中する必要がある。

自由度があがり、操作が複雑になったぶん、
失ったものが「腕のバーチャル感」だったわけだ。

もしかすると、Wiiスポーツのテニスは
本来のテニス感覚を優先したためのシンプル仕様だったのかもね。


少なくともこのソフトはテニスが好きな両親に
プレゼントするものじゃないと思うなぁ。

普段からゲーム慣れしてるならいざ知らず、
ボタン操作も必要だということになったら、
なんか難しくてめんどくさいなぁ、、、と、なるだろう。


ということで、このソフトは
指が自然と動くようなゲーム慣れした世代向けだな。

もちろん、ゲームが好きで、
テニス経験者なほうが楽しめると思う。
※相手の動きを経験上、予測できるだろうし、
 有名選手のクセも似てて面白い。(シャラポワは打つときの声がでかくて笑った☆)


ボタン操作が必須だから、バーチャル感をややそがれるけど、
指が自然と動くようになってくると、Wiiスポーツとはまた違った、
バーチャル感を味わえます☆




管理人の今後の予定としては、
もっとアビリティ増やして強化して、四大大会すべてを制した後に
オンラインで世界デビューするつもり。(←大げさ)


管理人のキャラの名前は「Qin」
どこかで会ったらヨロシクね。


完膚なきまでに叩きつぶすよ♪(笑)



↑追記:この頃は世界のレベルの高さをまだ知らなかった、、、




EA SPORTS グランドスラムテニス 其の一
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の二
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の三
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の四
EA SPORTS グランドスラムテニス 〜アビリティとブースト そしてオンライン〜
その後のグランドスラムテニス

  
アクセスランキング