て、手短かに話そう。


画像は前回のキャリア・グランドスラム達成時と
あまり代わり映えしないけど、、、



3年目にして四大大会すべてに優勝。



ようやく、グランドスラム達成しました。




っとうれしい出来事なはずだったんだけどね。

少し前に2chの掲示板をみたら、、、
ハード(レベル)でグランドスラム達成した人がいて、
しかも1年づつレベルあげていって3年連続グランドスラムだって(!)

それを先に読んでしまったから、
イージー(レベル)でグランドスラム達成したくらいで
喜んでる場合じゃない、、、と伸びはじめてた鼻がひっこんだ次第。


グランドスラム達成後、
次はノーマルで、、、 いや、いきなりハードだっ
俺なら勝てるっっっ!

ということでハード設定で戦ってみたところ。


○サーブが速い。
○速い鋭角リターンが返ってくる。
○返しずらいところを狙ってくる。
○あれも拾う、これも拾う。



おいおい、まじかっ 
ハードにしたらいきなり勝てませ〜ん(汗)

やられまくりな俺(涙)


まるで魔界村のよう。
本気でコチラを倒しにきやがる。

いままでは、手加減して打ち返しやすいところに
打ってくれてたのかー(ガーン)
イージーで勝って喜んでた自分が恥ずかしいよ。


星5つだし、ゴールドアビリティ3つ付けてるのに、、、
※現在の持ってるゴールドアビリティはフォア、スピード、ハッスル。

ラケットと靴もブーストできることに気付いて最近替えたけど、
結局、エキシビジョンも本戦でもハードじゃほぼ勝てない、、、

練習するのも一つの手なんだけど、
まずは道具を揃えてからということで、
イージーに戻して、いいアビリティを獲得する作戦に。
(サーブのゴールドアビリティとか欲しい)


あー 自分の弱さを認めなきゃいけないこの哀しさ(涙)
ってことで、しばらくはイージーに逆戻りです。





の時点で夜中の3時だったんですが、
イージーの勝てる試合ばかりというのにも飽きていたので、
味見程度にオンライン対戦をしてみようということに。


オンライン対戦は初体験♪


テレビの向こうに実際に人がいる。
しかも世界中のいろいろな国の人。

そう考えるとドキドキ。


しかも参加したのは強い人が多いというランキング戦だ。


結果から言うと2ch情報のとおり。
オンラインの方々はとても強かった。

イギリス2人、アメリカ2人、カナダ1人と
計5人と対戦したけど、1勝4敗、、、(苦いデビュー)

同じくらいのレベルの人に1勝したけど、
5人中2人はCPUのハード並、残る2名はハードよりさらに強い。

サーブなんか段違いに速い。
何を付けてるか知りようがないけど、
あんなに速くなるものなのか?! というくらい速い。

やっぱり、サーブのゴールドアビリティが欲しくなったね。
つか、オンライン戦では必須かも。




オンライン対戦するなら光回線じゃなきゃ、なんて話もあったから、
うちのヤフーBB(8Mプラン)で大丈夫か心配だったけど、
思ってた以上に楽しく快適に対戦できたという印象。(夜中の3時〜4時だから?)

問題のタイムラグは試合によってあったけど、
試合にならないくらいヒドイものじゃなかったし、
途中で切断するような人もいなかったな。(こちらがカモだから??)


でも、これまた2ch情報のとおり、
コチラがちゃんと打ち返しているのに
相手のポイントになるという現象(バグ?)も1試合ありました。
(まぁ、それ以前に相手が強すぎだったけど、、、)

ちなみに対戦したのは夜中の3時〜4時(バカ)
この時の接続人数は300〜350人という感じ。

世界中でこの数字は少ないよね?
比較できないけど、どうなんだろー??



とにかくわかったことは、
アビリティやアイテムで強化するのはもちろん、
ラリーだけで勝てるようにならないとダメだということかな。

なんか、上手い人ほどネットに近寄ってこない印象。


そしてオンライン対戦はハマる。


緊張感もCPU相手とは違うし、
プレイスタイルが人それぞれ違うところもCPUと違ってて面白い。
しかも無料だってところがいい。


上手い人でもたまに凡ミスしたりするのも、 
あぁ、相手も人間なんだなぁって思うよ。

このソフトは長く付き合うことになりそうな予感だ。



手短かに話すつもりが長くなっちった(笑)

では今回はこのへんで、、、
管理人こと「Qin」でした♪(←オンライン対戦時の名前)





あー 遊びすぎて
眠いっ☆



EA SPORTS グランドスラムテニス 其の一
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の二
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の三
EA SPORTS グランドスラムテニス 其の四
EA SPORTS グランドスラムテニス 〜アビリティとブースト そしてオンライン〜
その後のグランドスラムテニス

  
アクセスランキング