サイズブログ


型ハドロン衝突型加速器 (LHC)

稼動開始 —。


なにそれ? って人が多いと思うけど、
これは世界規模の巨大プロジェクト。


イベント開催日や記念日にしか変化しないGoogleのロゴも
LHCの稼動開始を記念しています。


2008年9月10日のGoogleロゴ[Large Hadron Collider]




大型ハドロン衝突型加速器(LHC)とは何か説明しようっ!

大型ハドロン衝突型加速器 (Large Hadron Collider、略称 LHC) とは
スイス・ジュネーブ郊外にフランスとの国境をまたいで設置されている、
高エネルギー物理実験を目的として、セルン(CERN) が建設した
世界最大の衝突型円型加速器の名称。または実験の総称のことです。
セルン:欧州合同素粒子原子核研究機構


世界最大とあるけど、
この大きさが想像を超えている。


「この機械がLHCです。」
といえるものではないのでさらに説明しよう。


LHCは巨大な実験装置。

全周27 kmの地下トンネル内に超伝導電磁石を並べ加速器を設置。
また、地下100mの地点に4つの観測施設(6階建てのビルに相当)と
5台の観測装置を設置してあります。(これであってるはず)




全周27 kmって、、、

地下100mって、、、





左:LHC説明図 / 右:LHCの航空写真(実際は地下にある)



ね、規模がでかすぎるでしょ。



管理人は以前、このLHCの話をラジオで聞いたことがある。
このプロジェクトには日本も参加しているんだけど、その研究所の女性が
ラジオ出演されていて、とにかく熱く語っていたことを覚えている。
どうにも規模がでかいSFのような話だったから、
ほんとかよ〜 と思って聞いていたんだけどねー。(失礼)


ちなみにトンネル内に超伝導電磁石を並べているのは、
陽子ビームの軌道を曲げて周回軌道に乗せるためとのこと。
(陽子ビームが全周27 kmのトンネル内をグルッと、、、)



トンネル内部



では、
こんなに巨大な装置でどんなことができるのかというと、、、

7兆電子ボルト(7TeV)まで加速させた陽子ビーム同士を正面衝突させ、
宇宙が誕生した「ビッグバン」直後(1兆分の1秒後) の宇宙と同じ温度
(エネルギー)を作りだすことができます。


ビッグバン直後の状態を再現!!!


このデータを解析することにより、
いままでわからなかったあれやこれやが解明されます。
(正しくは、解明されることが期待されている)

物質に質量を与えたと考えられる「ヒッグス粒子」の発見とか、、、
宇宙を満たしているといわれる暗黒物質の正体とか、、、



その、あれやこれやの実験のなかに
「極小ブラックホールの検出」というものもある。



ブラックホール?


どうやら、LHCの衝突エネルギーで
極小ブラックホールを発生させることが可能らしい。


ちょっとワクワクする話 —



実際、LHCの衝突エネルギーでは困難といわれているみたいなんだけどね。

でも、一部の研究者からは

発生した極小ブラックホールが
地球を飲み込んでしまう可能性を否定できない。


と停止を求める意見もあるというから驚きだよ。





「なにおー、飲み込まれる前に
こっちから飲み込んでやんよ!」

by 言い放ってみただけの管理人








まだあるよね? 地球。

無くなったら誰か教えてねー。





こんなニュースも、、、(哀)





人気ブログランキングへ