サイズブログ


天堂からWiiの後継機が発表されました。


その名はWii U」(ウィーユー)



Wii U
「Wii U」本体サイズ:約46(高さ)×172(幅)×268.5(奥行き)mm
※突起物含まず



なんだ「Wii 2」じゃないのか と思ったけど
はじめて聞いたときから、しっくりくるネーミング。いいかも。

名前のコンセプトはWiiが「We」(わたしたち)のゲーム機ならば
新製品は「You」(あなた)のため ── ということから付けられたらしい。



さて、ネーミングはしっくりきたけど

しっくりこないのが、、、


6.2インチ(16:9)の
タッチパネルディスプレイを搭載した
タブレット型の新コントローラだ。
Wii U


iPadみたいなタブレット型のモノを
新コントローラですと言われても、「えぇっ?」って感じ。


Wii U

これがコントローラ?



大きすぎるよね?



重くないの?



6.2インチタッチパネルディスプレイに
十字ボタンや2つのアナログパッド、振動機能やインカメラ、
ジャイロ、加速度センサー、マイク、スピーカーも搭載、、、 と

やっぱ重いんでしょ?



Wii U 比較
↑Wii Uと3DSの大きさ比較


追記:
新コントローラのサイズと重さわかりました。
また、名称は「Wii U GamePad」と言います。


Wii U GamePad
■サイズ:約255.4(横)×133.4(縦)×約41(厚さ)mm
■重 さ:約500g(バッテリー、タッチペンを含む)
※突起物含まず



正直、コントローラにしちゃ大きいし重い!けど
常人が考える、その先のナナメ向こうをゆく任天堂のことだから

そこらへんの反応は了承済で、人々に受け入れられないようなモノは
間違っても作らないんだろうと思う、、、 (期待してるし)、、、
けども良さがまだよくわからん。



キネクト

って、XboxのKinect(キネクト)が
両手を自由にしたというのに、こっちはデカいコントローラを持つのかよ。

なんかマイナスなことしか思い浮かばないんだけど、、、


あー そうか、両手で持つから分散されて
それほど重さを感じないのかも

な わけない。ぞと







なんでこんなモノを任天堂が、、、


???

とか、真面目に5〜6秒考えたら頭が冷静になりました。



!!!

任天堂の狙いがわかっちゃった。
そうか、そーゆーことだったのか。任天堂くんよ。

ふははははーーーっ
新コントローラの正体見破ったりっーーーー!!






さっき、Kinect(キネクト)の話したけどさ、
今回のタブレット型の新コントローラってのは
Kinect(キネクト)みたいな位置づけのモノなんだよ。

Xboxにプラスするとより面白くなるのがKinect(キネクト)。
Wiiにプラスするとより面白くなるのがこのタブレット型の新コントローラ。



タブレット型の新コントローラがあれば
カラオケのゲームだったら手元で歌詞みれるし、
謎ときゲームとかも拾ったアイテムを手元で大きく観察できたりさ、、、

たんなるオプション端末だと考えるなら、
あってもいいかも☆ とか思わない? 思うでしょ?


そんなわけで、ほんとはKinect(キネクト)や
バランスWiiボードみたいに高額オプション扱いなモノなんだけど

正直にオプションとして販売すると、
一部の人たちだけが買うモノになってしまい、、、
一家に1台、一人に1台といったニンテンドーDS的な展開にならない。


でも、任天堂はこのタブレットを多くの人に使ってほしい。
できればWiiを持ってる人 全員にね。


これがあれば画面をみながらゲームやアイテムを
任天堂からダイレクトに購入できる。
それこそ、ヤマダ電気やビックカメラの店舗まで行かなくていいし
Amazonのサイトを開く必要もない、、、

任天堂にとっての美味しい仕組みが
このタブレット(ゲームパッド)で出来上がるわけだ。




だ か ら

タブレットにコントローラの役目を持たせて、
このタブレットを新コントローラと呼ぶことにして、
Wiiの後継機「Wii U」(ウィーユー)の発表にあわせて
抱き合わせで販売することにした。


Wiiの後継機とのセットなら、本体と一緒に
各家庭にタブレットが滞りなく広まるという、素晴らしい戦略。


実際、任天堂HPの「社長が訊く」の話の中で
現在のWiiリモコンはそのまま使われると言ってるからね。

やっぱりそうかって感じ。

ほかにも “リビングにあるべき機械に近づいていく”とか
「本体を買った人全員にその環境がそろう」ことが大事〜 とか、
タブレットを浸透させたい的な文章が書いてある。

たしかに、iPadなど、他のタブレットのシェア拡大に
歯止めをかけるためにも必要なんだよ。





なわけで、
新コントーラは実質、Wiiの新しいオプションみたいなモノ。


そう考えると奇抜なカタチでも大きくもない。


わざわざ新コントローラとか言うからさ、
Wiiリモコンにとってかわるモノみたいで
みんなが驚いてしまっただけのこと。



コントローラを振り回すようなゲームは
従来のWiiリモコンにまかせればいいんだし、
iPadなどとのタブレット競争にも勝ちたいから
小さな画面じゃなく、6.2インチの画面サイズが必要だった。

ボタンなんかは無くてもよかったけど、
新コントローラとして売り出すために必要だった? なんてね。

まぁ、とにかく任天堂は上手い。


Wiiの後継機でーす!って言いながら、
あっさりと各家庭にタブレットを浸透させちゃおうってんだから。
まさに、本体を買った人全員にその環境がそろいます。


ひょっとしたら来年には世の中のタブレット競争を制し、
ほんとにリビングの必需品になっていたりして。

iPad危うし?!

 



追記:
コントローラの話ばかりしていたけど
Wii U本体の性能(とくにGPU)が非常に高いぜ!と
海外のソフトメーカーが絶賛してます。

なんだ、あんまり宣伝してないけど性能いいのか、、、
タブレットに注目してて、そっちは期待してなかったよ(汗)

PS3やXbox360の性能を超えてるらしく
現行家庭用据え置き機の中では、間違いなく、
最高の3Dグラフィックスパフォーマンスが発揮できるとのこと。

PS3が登場したときは、オーバースペックだとか思っていたけど
任天堂も時代にあわせてきたね。
こりゃ、海外ソフトの人気タイトルもガンガン投入してきそうな予感♪

管理人としては「EA SPORTS グランドスラム テニス」の新作が
遅延なしで遊べるんならもう文句はない。

部屋を片付けて待つとしよう。




Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)
Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)







【地域限定】初回購入2,000円OFF
2017年11月27日まで