界一大きい足の持ち主は誰かというと、
それは、身長272cmの人類史上、最も背の高い人間でもある
ロバート・パーシング・ワドロー(Robert Pershing Wadlow )さんだ。

信頼できる記録によると、靴の大きさは55cm(37aa)、

靴を脱いだ素足の大きさは47cmです。


 
左:子供の足との比較  右:大人の足との比較



素足のサイズが約47cmとはすごい!!!

このサイズは、よく世界一大きな足のサイズの持ち主と言われている
俳優の故マシュー・マッグローリー(Matthew McGrory)さんより大きい。


身長229cmのマシューさんの靴のサイズは
アメリカサイズで29と1/2なので、日本の靴サイズに換算すると約47.5cm。
英国の靴サイズでは、29(約47.5cm)
ということは素足のサイズは
約40〜42cmといったところだろう。




ちなみに
現在、生存している人の中で世界一背が高いといわれている、
身長257cmのレオニード・スタドニク(Leonid Stadnik)さんの
素足サイズは43cmです。
歴代の素足サイズでは、No.2じゃないかもしれませんが、
いまだに身長も伸びているらしく、ワドロー氏の記録に迫るいきおい。



レオニード・スタドニクさんの靴(ウソみたいにデカイ!)




左:鮑喜順/中央:爆笑問題(田中)/右:張俊才

現在、生存している人の中で2番目に背が高いと思われる
※更新しました。詳しくはコチラ

身長242cmの張俊才(ジャン・ジュンツァイ)さんの靴のサイズは54cm。
素足サイズが不明なんですが、靴の大きさを考えると
レオニード・スタドニクさんの素足サイズを超えているかもしれません、、、


また 現在、生存していて、
「健康で自然に成長した世界で最も背の高い人」である、
身長236cmの鮑喜順(バオ・シシュン)さんの素足サイズは38cm。
※この方は巨人症ではないと診断されています

追記:
ギネス世界記録2010年、2011年で「地球上で最も背の高い男性」に
認定されているトルコのサルタン・コーセンさんは手足のサイズでも
ギネス世界一とのことですが、これはあくまでギネスに申請した人の中での
世界一ということなので、それほどでもなく、素足のサイズは36.5cmです。
(普通に考えたらそりゃデカイけど、上記の方々よりは小さいんです)







こんなにも足の大きな人達の共通の悩みは、
サイズの合う靴がないということ。




市販されていないから特注で作るしかない。
かといって、お金もちなわけでもないから、
作った靴が窮屈になっても履きつづけるしかない。などなど、
普通に快適に歩くことができないということは
精神的にも想像以上につらいことだろう。


レオニード・スタドニクさんなんて靴がなくて凍傷になったそうだ。
そのせいで仕事先にもいけなくなってしまった、、、
※ワドローさんの場合は靴メーカーの宣伝をするかわりに靴を提供してもらっていました。


たまに、海外の靴職人の方が大きな靴をプレゼントしたなんて
うれしいニュースも聞くけど、ぜひ日本の靴職人の方々にもお願いしたい。

っても、
詳しいサイズがわからないことには作ってあげられないだろうから、
足の巨大な人達は、まずは自分の足の寸法(足長・足幅・足囲etc)を
ホームページやブログで公表しておくといいと思う。
他にも、ニュースで取り上げてもらう時に記載してもらうとかね。



そうすれば、ウワサを聞きつけた
熱き靴職人さんが腕をふるってくれるハズ!?




  
アクセスランキング